カギは頑丈そうに見えて実はかなり脆いもの

自宅に施錠をしない人はまず居ないと思いますから、誰でも一つくらいは自分自身のカギというものをお持ちであるはずです。さて、そんなカギは金属製の素材でできていることから非常に頑丈そうに見える物ですよね。普通金属は硬いですしかなりの強度を持っているので、そのように考えてしまうのは至極当然のことだといえるでしょう。しかし、たとえ金属製の素材であったとしてもことカギについては、実はかなり脆いものであるのです。

横浜 鍵屋さん

カギが脆くなってしまう原因としては、まずその形状が関係していると言えます。カギは基本的に薄っぺらい平面状の物体ですから、ちょっとした圧力に対してもそれほど耐性を持っているわけではありません。アルミ缶のように薄く延ばした金属が簡単に変形しやすいように、薄い金属でできたカギも変形しやすい部類のものになるのです。ですから、自分が思いもしないようなときにカギが変な方向へ曲がってしまっていたなどということも十分に起こり得る可能性があるでしょう。

ピッキングとは – 意味の解説|ITトレンドのIT用語集

さらに、カギは鍵穴に入れて回すという使用方法からもかなりの圧力が加わることが知られています。カギが回る時には、梃子の原理が働いていますので、支点となるカギ本体には自分の手の力の何倍もの圧力が加わっているのです。そうすると、薄い金属であるカギは多少のキズでもあれば簡単に割れてしまいますので、鍵穴の中にカギが刺さったままで割れてしまうなどというトラブルもかなり頻発しているのが実情です。

大和市/大和市自主防犯活動団体補助金

このように、カギは一見すると頑丈そうですが、かなり脆いものだということが理解できるでしょう。一度所持したカギはできるだけ長持ちさせたいですから、無理な力を加えて使用したり、カギの寿命を縮めてしまうようなことがないようにしたいものです。ただ、そのような配慮をしていてもカギは壊れてしまうこともありますので、万が一カギが壊れてしまった時の対策を考えておくことも大切になります。